/

北朝鮮軍総参謀長、米大統領発言に反発

朝鮮人民軍戦略軍司令部を視察する金正恩氏(コリアメディア提供・共同)

【北京=共同】北朝鮮の朴正天朝鮮人民軍総参謀長は4日、トランプ米大統領が北朝鮮に「必要なら軍事力を行使する」と発言したことを非難し、金正恩朝鮮労働党委員長も不快に思っているとして「武力行使は米国だけの特権ではない」とけん制した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン