英アームの中国合弁膨張 人員倍増、独自技術も開発
半導体強化、政府の思惑も

米中衝突
アジアBiz
2019/12/4 21:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=鄭婷方、伊原健作】英半導体設計大手アーム・ホールディングスの中国合弁会社が業容を膨張させている。人員を1年半で倍増させ、セキュリティー関連など独自技術の開発を急いでいる。2025年に売上高で英本体超えを目指すほか、株式上場する構想もある。同合弁会社の実質株主には中国政府系ファンドが名を連ねる。対米摩擦が激化するなか、自国の半導体産業を強化したい中国の思惑も垣間見える。

アームはモバイル機…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]