「ソフト防災」改善の余地 建設工事、人手も制約に
災害列島と公共事業(下)

2019/12/10 19:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台風19号が通過した10月12日夜から13日未明にかけ、川崎市のJR武蔵小杉駅周辺の道路は軒並み冠水した。林立するタワーマンションの1棟は地下の電源設備の浸水により停電した。「こうなると分かっていたら購入をためらった」。住人からは恨み節も漏れる。

川崎市は被害が想定される区域や避難場所などを示す洪水ハザードマップを作製していた。だが、不動産会社には購入者への説明義務が課されておらず、住民の認知度…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]