韓国検察が大統領府捜索 監察もみ消し疑惑

2019/12/4 21:00
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=共同】韓国検察当局は4日、ソウルの大統領府を捜索し、資料の任意提出を受けたと発表した。韓国メディアによると、不正が疑われる政府機関の元幹部に対する監察を、大統領府が不正に中止させた疑いがある。大統領府は疑わしい情報に基づき「国家の重要施設」を捜索したとして遺憾の意を示した。

韓国の文在寅大統領=韓国大統領府提供・共同

一部メディアは、大統領府の民情首席秘書官だった曺国(チョ・グク)前法相が監察中止を指示したとの関係者の供述を、検察が得たと報道。曺氏に指示した理由を近く聴取する方針だと伝えている。

元幹部は、最近まで南部・釜山の経済副市長を務めていた柳在洙(ユ・ジェス)容疑者。金融委員会に在職中の2016年ごろに業者から金品を受け取り便宜を図った収賄の疑いなどで先月、逮捕された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]