カタール首長、サウジ訪問で調整 米圧力で断交解消へ「雪解け」

2019/12/4 20:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光】2017年にサウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)が、同じアラブの小国カタールに一方的に断交を突きつけた問題に雪解けの兆しが出ている。10日にサウジで開く湾岸協力会議(GCC)首脳会議にカタールが参加する方向で調整していることが4日、分かった。イラン包囲網づくりを急ぐ米国の圧力が背景にあると見られる。

カタールのタミム首長はサウジ訪問の意向を仲介役であるクウェートに伝えた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]