/

この記事は会員限定です

カタール首長、サウジ訪問で調整 米圧力で断交解消へ「雪解け」

[有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光】2017年にサウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)が、同じアラブの小国カタールに一方的に断交を突きつけた問題に雪解けの兆しが出ている。10日にサウジで開く湾岸協力会議(GCC)首脳会議にカタールが参加する方向で調整していることが4日、分かった。イラン包囲網づくりを急ぐ米国の圧力が背景にあると見られる。

カタールのタミム首長はサウジ訪問の意向を仲介役であるクウェートに伝えたも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン