「高いから人気」 訪日客が変えたスキー場の宿泊
雪・新時代 復権めざすスノーレジャー(中)

インバウンド
2019/12/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スノーリゾートを構成するのはゲレンデだけではない。訪日スキーヤーの増加はスキー場周辺の宿泊施設にも変化をもたらしている。外国人をひき付けるのは伝統的な民宿の1泊2食スタイルよりも、長期滞在できる夕食なしのコンドミニアムだ。訪日客を意識する長野県白馬村などでは既存の宿泊施設を改装して客単価を上げ、高級リゾート化する動きが進む。

「価格が高い施設こそニーズがある」。こう話すのは白馬八方尾根スキー場(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]