/

この記事は会員限定です

時間と気遣いで昔ながらの味に 大分醤油協業組合

九州・沖縄 拠点を探る

[有料会員限定]

国宝の石仏がある大分県臼杵市にはもう一つの宝ともいうべき、世界に誇る食品づくりの拠点がある。みそ・しょうゆ製造販売のフンドーキン醤油(しょうゆ、同市)を中心に、県内19社で構成する大分醤油協業組合の工場だ。そこでは直径、高さともに9メートル、1リットルボトル54万本分に当たる容量540キロリットルという巨大なしょうゆ醸造用木樽(きだる)が存在感を放つ。中では3年前に仕込まれたしょうゆが静かに熟成の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り923文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン