年末年始、総旅行者が2%減 旅疲れや増税響く

2019/12/4 22:00
保存
共有
印刷
その他

JTBが4日まとめた年末年始の旅行動向調査によると、国内と海外を合わせた総旅行者数は延べ3002万人と前年比2%減る見通しだ。日並びがよく海外旅行者が0.3%増の76万2000人と過去最高になるが、国内旅行者が2.1%減の2926万人に減ることが響く。今年のゴールデンウイーク(GW)の10連休で旅行した人が多いことによる旅疲れや10月の消費増税が影響した可能性がある。

海外渡航者の増加で年末年始の空港は混雑しそうだ

12月23日~20年1月3日に1泊以上する旅行の動向を、JTBが自社と業界の予約状況などから推計した。海外・国内ともに出発のピークは12月28日とみている。

財布のひもが固い傾向が続く。総旅行消費額は前年比6.9%減の1兆904億円を見込む。海外旅行では旅費がかさむ欧州への渡航者が8.8%多い6万2000人に達する見通し。ところが、海外旅行全体の1人当たり平均費用(食費など含む)は20万2000円と1%減る。

近場のアジア旅行は低調だ。デモが起きている香港は26.2%減、日本と関係が冷え込む韓国は17.4%減を見込む。

国内旅行でも平均費用が5.9%減の3万2000円にとどまる。アンケート調査では旅行日数は1泊2日が最も多く、次いで2泊3日と期間が短いことが単価を押し下げているとみられる。

旅行形態は家族との旅行が最多の65.2%で、一人旅は0.5ポイント減の17%。宿泊先が実家と答えた人は減ったが、旅館やホテルは54%に伸びた。

JTBによると、19年はGWが10日あったため、旅行者が多かった。今秋日本で開かれたラグビーのワールドカップ(W杯)に合わせて旅行した人も目立つ。「大型旅行の後で旅を控えている人もいる」とみている。

アンケートでは「昨年より収入が減った」との回答が「増えた」を大きく上回っている。ここに10月の消費増税も加わって、節約志向を招いている可能性がある。

旅行各社はすでに予約のピークを迎えている。エイチ・アイ・エス(HIS)は昨年に続きハワイの予約が最も多かった。KNT-CTホールディングスはオーストラリアなどが好調だ。国内をみると、日本旅行や阪急交通社では元号が「令和」となって初めての正月ということもあり、皇室ゆかりの伊勢神宮を訪れるツアーなどが人気という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]