/

中国電、広島大と包括提携 エネルギーや環境分野の研究

中国電力と広島大学は技術開発や研究などで協力する包括協定を結んだ(4日、広島市、右=中国電の清水社長、左=広島大の越智学長)

中国電力と広島大学は4日、エネルギーや環境分野での研究開発で協力していく包括協定を結んだ。安定的な電力供給システムに関する研究や、低炭素社会の実現につながる環境保全の取り組みなどで連携する。

石炭灰を原料にした地盤改良材の開発や効果検証など、両者はこれまでも個別の案件ごとに共同研究を手掛けてきた。研究や技術開発に関する包括的な協定を結ぶことで、各組織で複数の部門をまたいだ形での連携につなげる。

同日の協定締結の式典で中国電の清水希茂社長は「多くの知恵を取り込み、研究開発力を磨き上げたい」と話した。広島大の越智光夫学長は「地域課題の解決に向け、研究の実用化にも取り組みたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン