/

この記事は会員限定です

救急医療に診療報酬手厚く 20年度改定、大病院など対象

[有料会員限定]

厚生労働省と財務省は医療機関に支払う診療報酬の2020年度改定で、勤務医の長時間労働を改善する病院への報酬を増やす。救急車の受け入れ回数が年1千件以上の大病院や緊急医療センターなどを対象に、今より手厚く報酬を充てる方向で調整に入った。診療報酬で医師の人件費(本体)はプラスになる可能性が高い。

19年4月施行の働き方改革関連法で残業の上限規制が始まった。長時間労働が常態化している勤務医は、勤務時間を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン