関西経済同友会、「リバースピッチ」開催

2019/12/4 19:04
保存
共有
印刷
その他

関西経済同友会は4日、大企業の担当者が協業先としてどんなスタートアップを求めているかを発表する「リバースピッチ」を大阪市内で開いた。関西版ベンチャーエコシステム委員長の角元敬治氏(三井住友銀行取締役専務執行役員)は冒頭で「大企業の経営課題を持ち帰り、協業できないか考えてほしい」と述べた。

リバースピッチでは「関心領域は大阪・梅田での新たな働き方や過ごし方を実現するサービス」(阪急阪神不動産)などの声があった。関西経済同友会代表幹事の池田博之氏(りそな銀行副会長)はりそなグループのスマートフォンアプリについて「銀行員が考えたのではなく、ベンチャーが使用者の立場からつくった」と話し、参加したスタートアップに商機があることを訴えた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]