/

三菱ふそう、外国人実習生が「特定技能1号」取得

三菱ふそうトラック・バスは4日、2人の外国人実習生が新たな在留資格である「特定技能1号」を取得したと発表した。実習生は11月から契約社員として就労しており、最長で5年在留できるようになる。同社はアジア地域での販売・サービス網の拡大をめざしており、海外人材の育成を積極化していく考えだ。

三菱ふそうは、2016年4月に外国人技能実習制度に「自動車整備職種」が追加されたことを受けて実習生を採用してきた。19年11月末時点でベトナムやフィリピン、インドネシア国籍の190人が全国77カ所の拠点で実習する。今後も一定の海外人材を養成する方針で、「300人程度を維持したい」という。

「特定技能1号」を取得した2人は16年から実習を始めた。「技能実習2号」を3年かけて修了した。11月から契約社員として車両整備を担当している。

同社が実習生の採用を始めてから3年がたち、技能実習2号を修了する実習生はこれから増える見通しだ。販売店で即戦力として技能を磨いてもらう。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン