「旬な旅行先」に東北選出 世界の有力雑誌・ガイド本

東北
2019/12/4 18:50
保存
共有
印刷
その他

奥入瀬渓流などの豊かな自然も評価された

奥入瀬渓流などの豊かな自然も評価された

世界的に人気の高い雑誌や旅行ガイドブックが相次いで東北を「最も旬な旅行先」に選んでいる。自然や祭りの文化に加え、東京からのアクセスの良さなどを評価した。欧米で知名度を高めたい東北にとってインバウンド(訪日外国人)誘致に弾みとなりそうだ。

米国の有力誌「ナショナルジオグラフィック」は2020年版の「世界で訪れるべき旅行先」に都市や自然など4部門から25地域を選び、東北は冒険部門に入った。

「東京から3時間で訪問できる東北は最高のトラベルワンダーランド」と評した。みちのく潮風トレイル(青森など)や、安比高原(岩手)などスキーリゾートへの訪問を勧めている。

世界的に人気の高いガイドブック「ロンリープラネット」は「今最も旬で、訪れるべき世界の10地域」の3位に選んだ。「豊かな自然、祭りなどの文化遺産、食の魅力、おもてなしにあふれている」と評価。東京五輪に向け「アドベンチャー好きにとって最適な旅行地」と推薦している。ランキングの1位は中央アジアシルクロード(キルギスなど)、2位はマルケ(イタリア)だった。

日本政府観光局(JNTO)によると、東北の18年の外国人延べ宿泊者数は前年比33%増の128万人で過去最多だった。19年1~7月も前年同期比20%増と好調だが、アジアの伸びが目立つ一方、欧米での知名度向上が課題だ。JNTOなどは今回の評価をプロモーション活動に生かす。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]