サントリー食品アジア、無糖飲料で勝つ CEOに聞く

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/12/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サントリー食品インターナショナルが日本で主流の無糖飲料で東南アジア市場に勝機を見いだしている。現地ではお茶でも砂糖入りが一般的。だが近年の健康志向から糖分を抑えた飲料の需要が高まり、日本で開発した「烏龍茶」や香り付きのフレーバーウオーターを現地向けにアレンジした商品を増やしている。アジア地域を統括するサントリー食品アジアのシェーカー・ムンドレイ最高経営責任者(CEO)は「日本の技術を生かせる」と…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]