赤字を「掘る」覚悟を聞こう 企業も市場も基本に戻れ
本社コメンテーター 梶原誠

梶原 誠
Deep Insight
本社コメンテーター
2019/12/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

赤字企業は株式市場で生きていけるのだろうか――。そう考えさせられることが今週起きた。

創薬ベンチャーのファンペップが2日、今月20日に予定していた株式上場を取りやめた。2013年、ペプチド医薬品の開発を目指して創業した同社は、研究開発投資の負担で赤字が続いている。

「株式市場の動向等諸般の事情」がドタキャンの公式説明だが、要は同社の株を投資家が買ってくれそうになかったからだ。

同社は先週までに、…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

梶原 誠

本社コメンテーター

グローバル市場

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]