電動車が災害時の電源に 三菱自販社、東北市町村と協定

2019/12/4 18:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱自動車の東北の販売会社は、災害時に電動自動車を無償貸与することで地元の市町村と相次ぎ協定を結ぶ。山形三菱自動車販売(山形市)は16市町と協定を結んだ。岩手や宮城の三菱系ディーラーも地元と調整を始めた。三菱自の「アウトランダーPHEV」は停電時に電気を外部へ供給し、非常用電源に使える。車の新たな活用法としての利点を訴求する。

三菱自の電動車の主力車種はプラグインハイブリッド(PHV)車と呼ばれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]