/

この記事は会員限定です

10年前の装置を最新型に ASMLが磨いたサービス力

証券部 増田咲紀

[有料会員限定]

史上最も精密な機械といわれる半導体の露光装置でシェア9割を誇るオランダのASML。微細化につながる技術力が競争力の源泉だが、需要変動が激しい半導体業界で直近4四半期で減益を1回に抑えられているのは保守点検だけでなく、改造まで担うサービス力にある。

ASMLが10月に発表した2019年7~9月期の連結決算は純利益が4~6月期比で3割増と2四半期連続の増益となった。7~9月期は次世代通信規格「5G」の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1323文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン