/

野党若手議員が合流要請 立民・国民幹部らに

立憲民主党や国民民主党などの若手議員グループ「直諫(ちょっかん)の会」は4日、国民民主党本部で平野博文幹事長と会談し、両党に社民党や無所属議員を入れた共同会派を一つの政党にまとめるよう求める提言書を渡した。立民の安住淳国会対策委員長と大串博志幹事長代理、社民の吉川元・幹事長らにも同様に要請した。

直諫の会の会長を務める無所属の重徳和彦衆院議員は記者団に「政権を担える政党をつくりたい」と語った。提言では「会派を構成する全ての議員が結集し、一つの政党として立ち上がることが政局の行方を決定づける」と記した。「共同会派を一本化した政党に再編することを一致して求める」と訴えた。

野党の合流を巡っては、国民民主の中堅・若手議員も3日、同党の玉木雄一郎代表ら執行部に年内に立民との合流交渉に入るよう要請している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン