宮崎・小林産の宮崎牛生ハム、ANA国際線で

2019/12/4 17:21
保存
共有
印刷
その他

全日本空輸(ANA)は宮崎県小林市で生産された宮崎牛の生ハムを、国際線ファーストクラスの機内食で提供を始めた。「ブレザオラ」と呼ばれる生ハムは黒毛和牛の極上の肉質ときめ細かなサシが特徴で、口に入れると、ほのかな甘みと高い香りが広がるという。

ANAの国際線ファーストクラスで提供する小林市産宮崎牛生ハム

メニュー名は「宮崎県小林市産宮崎牛生ハムとレッドオニオンのマリネ」。2020年2月29日まで羽田空港発の北米や欧州、成田空港発の北米路線で提供する。ANAは各地の特産品や名産品を国内外に向け幅広く発信し、地域活性化を支援している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]