習氏国賓来日、自民から異論 邦人拘束など課題多く

2019/12/5 2:00
保存
共有
印刷
その他

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は来春、国賓待遇で来日する予定となっている。自民党内では中国当局による相次ぐ日本人拘束や尖閣諸島周辺での中国船の領海侵入を受け、異論が出ている。

国賓は外国の元首を招待する際の最も格式の高い扱いだ。天皇陛下の会見や皇居での歓迎行事も開く。日本人拘束や領海侵入に加え、最近では香港で激化する警察とデモ隊の衝突などで国際社会の目も厳しくなっている。こうした状況での厚遇に党内からは不満や懸念も出ている。

自民党有志による「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」は11月、国賓待遇に反対する提言をまとめた。佐藤正久前外務副大臣は3日の参院外交防衛委員会で「なぜ天皇陛下が前面に出る国賓なのか説明が足りない」と指摘した。

一方、党幹部は国賓待遇を支持する。岸田文雄政調会長は「要人が往来することで中国との関係をコントロールしていくことは大事だ」と話す。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]