/

この記事は会員限定です

研究力どう立て直す?科学技術計画「第6期」策定へ

[有料会員限定]

国の科学技術政策の方針を示す新しい「科学技術基本計画」の検討が始まった。国際競争や経済成長のために科学技術の振興に力を入れようと1996年から計画は始まったが、激しい国際競争の中、退潮傾向にある日本の研究力をどのように立て直すのかが問われている。これまでの問題をきちんと点検し、2021年度から始まる第6期の計画に生かすことが重要だ。

科学技術基本計画は今後10年程度の将来を見通し、科学技術政策の5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン