競馬実況アナ日記

フォローする

タイムリミットは日没30分前 慌ただしい冬の競馬

2019/12/7 3:00
保存
共有
印刷
その他

日没の時刻が早まってきて、年の瀬を感じる方も多いのではないでしょうか。このコラムが皆さんの目に触れる12月7日の東京の日没は16時28分。ラジオNIKKEIの競馬中継は、競馬開催日の16時45分まで放送しています。この時期は番組の終わりとともに夜を迎えます。大阪の日の入りは、東京より20分ほど遅くなりますが、それでも17時となれば日が沈んだ後です。

雨模様だった11月23日の東京。最終レースの時間帯はこの暗さ

雨模様だった11月23日の東京。最終レースの時間帯はこの暗さ

さて、日本中央競馬会(JRA)の競馬施行規程は、競走の実施を「日の出から日没まで」と定めています。地方競馬では珍しくないナイター開催もなく、毎週、安定したタイムスケジュールで競馬開催が行われています。実際には、おおむね日没の30分前が最終レースのタイムリミットになっているようです。競馬場間で発走時刻を調節しながら、昼間の時間をフルに使って、競馬開催が進んでいます。

冬の競馬実況は明るさとの戦い

以前の当コラムでも紹介しましたが、我々は、競馬実況の大半を、双眼鏡で馬群を見ながら伝えています。ですが、角度の問題などで、正確に状況を伝えられないと思われる部分は、モニター画面を見ることもあります。一にも二にも正確に伝えることが先決ですから、その時々で使い分けるべき、なのでしょう。

放送で『絶好の競馬日和』といえば、決まって晴天のこと。夏よりは冬の柔らかな日差しの方が、暑くなりすぎることもなく、多くの競馬ファンの皆さんを競馬場へ誘いやすいのだと思います。ですが、実況アナウンサーにとって、少なくとも私にとっての『絶好の―』は、曇天です。雨の心配まではしなくていいかな、というくらいがベストです。

冬の朝日は角度もあってか、実況を少し難しくします。コースの柵や、競馬場敷地外のビニールハウスなど、白いものに日差しが当たると、照り返しでフラッシュをたかれた時のようになることがあります。だいたい、このあたりは照り返しが来る、というポイントは分かっているのですが、馬の判別ができなくなっては困ります。

この時期の最終レースも、実況の難易度が上がります。前記の通り、最終レースは日没間近。暗くなり始めた景色から、馬を識別するのはなかなか難しいことです。特に、晴天かどうかは明るさを大きく左右します。晴天なら日没30分前でも、ある程度の明るさは保たれます。これが曇天、まして雨や雪が降ろうものなら話は変わってきます。今年は1レースだけ、明るさを理由にモニター画面を頼りに実況したレースがありました。謝ることでもないのですが、白状しておきます。

やれ曇天が絶好だの、最終レースは晴れてほしいだの、とわがままを申しておりますが、できうる限りの手を尽くして実況を続ける所存です。

朝の連続騎乗は時間との戦い

最終レースの時間を日没に合わせて前倒ししている競馬場もある中央競馬ですが、最初のレースのスタート時刻はそれほど変わっていません。東の開催場のスタート時間が早まることはありますが、年間のほぼ全ての開催日で、全国最初のレースは9時50分発走となります。年末のビッグレースである有馬記念当日は、中山競馬1レースのスタートを9時半に設定していますが、これは例外中の例外です。

最終レースを日没に合わせて前倒しすることもある中央競馬。写真は19年のチャンピオンズカップを制したクリソベリル=共同

最終レースを日没に合わせて前倒しすることもある中央競馬。写真は19年のチャンピオンズカップを制したクリソベリル=共同

次のレースまでの間隔を短くする、ということもあります。この場合、通常30分のところを25分に短縮します。前レースの発走準備からゴールまでスムーズに進んでも3分、各馬が引き揚げるのに2分、着順判定、払戻金の発表まで約3分。この8分間は延びることはあっても、縮まることはありません。しかし、次レースのスタート約10分前には、出走馬がコースへ入場することになっています。従って、25分間隔のレースでは、前レースの引き揚げから次レースの入場まで、長く見積もっても10分はかけられないことになります。

25分間隔のレースに連続して騎乗する騎手がいたとしたら、前レースの勝負服を脱ぎ、足元についた泥を払い、次レースの身支度を整える――ここまでを7分足らずで終えることになります。この光景は時折目にするのですが、忙しくも冷静に、そして一つ一つの作業を確かに進める騎手の皆さんはすごいな、と思わされる瞬間です。

このように、冬場の中央競馬はさまざまな理由があり、発走時刻が毎週のように変わります。また、8日は香港国際競走の勝馬投票券がインターネット投票や、一部の競馬場、ウインズで発売されます。国内の競走と時間帯が重なりますから、投票締め切り時刻には注意が必要です。

せっかく狙ったあのレース、「出遅れ」にならないことを放送席よりお祈りしております。

(ラジオNIKKEIアナウンサー 山本直)

 各アナウンサーが出演、ラジオNIKKEIの競馬番組はこちらでチェック! http://www.radionikkei.jp/keibaradio2/

競馬実況アナ日記をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

競馬実況アナ日記 一覧

フォローする
香港カップをウインブライトで制し、喜ぶ松岡騎手

 毎年12月に行われる香港国際競走。昨年後半、香港では「逃亡犯条例」改正案への反発に端を発したデモが過激化しました。民主派のデモ隊と警察との衝突や空港の占拠などが報じられ、香港国際競走の開催にも影響が …続き (1/18)

大規模改修工事が行われる京都競馬場の完成予想図(JRA提供)JRA提供

 明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。2020年は待ちに待った東京オリンピックイヤー。日本にとって大きな一年になることは間違いない。では、20年の中央競馬はどうなるのか? …続き (1/4)

日本から3頭が参戦した凱旋門賞の本馬場入場。結果は惨敗…

 2019年の競馬界を振り返るとやはり、海外での日本馬の活躍が印象深かった。特に、記憶に新しいのは12月8日の香港国際競走。01年以来となる1日3勝は「日本馬強し」を世界に強烈にアピールした。日本馬に …続き (2019/12/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]