格差の進展と中流意識(1) 社会の変化と変わらぬ意識
東北学院大学教授 神林博史

やさしい経済学
コラム(経済・金融)
2019/12/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

かつて、1970年代から80年代にかけて、日本は「総中流社会」と呼ばれました。その有力な根拠とされたのが中流意識の拡大です。中流意識とは、国の「国民生活に関する世論調査」で、生活の程度を尋ねる設問に対し「中」と回答すること、正確には「中の上」「中の中」「中の下」のいずれかを回答することを指します。70年代前半には、「中」と回答した人が9割を超えました。これが総中流社会の意味するところです。

しか…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]