5Gで米中激突、クアルコムが新型スマホ向け半導体
ITジャーナリスト 石川 温

モバイルの達人
コラム(テクノロジー)
2019/12/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米半導体大手のクアルコムがスマートフォン向け半導体「Snapdragon(スナップドラゴン) 865」「同 765/765G」を発表した。いずれも次世代通信規格「5G」に対応。ハイエンドスマホ向けの865は、専用モデムを別途付加する形で利用し、最大通信速度は1秒あたり最大7.5ギガビットの通信に対応。人工知能(AI)処理専用のプロセッサーを強化した。

もう一つの765/765Gはモデムを統合して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]