自民、大学英語試験で作業部会初会合 20年3月に提言へ

2019/12/4 16:00
保存
共有
印刷
その他

自民党は4日、大学入学共通テストへの英語民間試験の導入見送りを受け、文部科学部会ワーキングチームの初会合を開いた。岸田文雄政調会長は2024年度の新試験導入に向けて「受験生や保護者が不安を感じないよう、しっかりと道筋を作ってもらいたい」と述べた。今後、高校生や大学関係者から意見聴取し、20年3月をめどに提言をまとめる。

岸田氏は延期を決めた文科省の判断を「党への事前の説明や相談が不十分だった。猛省を求めたい」と批判した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]