社外取締役、問われる成果 M&Aや不祥事調査も
改正会社法成立、投資家は「独立性」に厳しい視線

瀬川 奈都子
編集委員
ビジネス
2019/12/4 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

会社の基本的な仕組みを定める改正会社法が4日の参院本会議で可決、成立した。上場企業で先行している社外取締役の設置が義務付けられる。今後は不祥事への対応やM&A(合併・買収)などコーポーレートガバナンス(企業統治)が求められる局面で、経営陣から独立した社外取締役が「いる」だけではなく「働く」存在になれるかどうかが課題となる。

上場企業は既に東京証券取引所が2015年に導入したコーポレートガバナンス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]