秋田の空き店舗に起業家を 商店街が公開プレゼン

2019/12/4 15:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

担い手の高齢化や郊外店との競争で増加する商店街の空き店舗は地方に共通する悩みだ。秋田県は商店街と外部の専門家によるオープンな手法で再生プロジェクトを進めている。商店街のメンバーが考えた計画を公開プレゼンテーションやワークショップで磨き上げる仕組みだ。SNS(交流サイト)も活用し、入居する起業家を呼び込む。

「どこでも同じなら選ばれない。この地域でしかできないことを掘り下げてください」「お金を払っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]