WTO、機能不全の危機 10日に上級委員不足に

2019/12/7 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

通商紛争解決を担う世界貿易機関(WTO)が機能不全に陥ろうとしている。10日に紛争解決機関の上級委員会のメンバー2人の任期が切れ、新規案件の審理に必要な人数を満たせなくなるためだ。審理中の案件は12月初めの時点で過去最多水準の44件に達したが、米国は委員選任を拒み続けており、貿易摩擦がさらに激化する恐れもある。

世界の貿易量が拡大するにつれて、国家間の通商紛争は増加の一途をたどっている。WTOで…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]