三間飛車と居飛車の対抗形に 将棋・女流王座戦第4局

囲碁・将棋
2019/12/4 10:23
保存
共有
印刷
その他

初手を指す里見香奈女流王座(左、4日午前、東京・渋谷)

初手を指す里見香奈女流王座(左、4日午前、東京・渋谷)

里見香奈女流王座(27)に西山朋佳女王(24)が挑む将棋の第9期リコー杯女流王座戦(特別協力・日本経済新聞社)五番勝負の第4局が4日朝、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。持ち時間は各3時間。

挑戦者が2勝1敗とタイトル奪取に王手をかけて迎えた第4局。この日は午前9時45分に西山女王が、同50分に里見女流王座が対局室に入った。定刻の午前10時、立会人の飯野健二八段の合図で対局が始まった。

先手の里見女流王座は初手から飛車先の歩を伸ばして居飛車を選ぶ。西山女王は角道を止めて三間飛車に。両者とも美濃囲いに構え、駒組みを進めている。

対局の模様は「リコー杯女流王座戦中継サイト」でライブ中継しています。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]