自由貿易協定、日本貿易の5割超に 日米協定が1月発効

2019/12/4 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日米貿易協定の承認案が4日の参院本会議で承認された。来年1月1日に発効する見通しだ。これまで経済連携協定(EPA)締結国との貿易額が日本の貿易総額に占める割合(EPAカバー率)は約37%だったが、日米協定を加えると約52%となる。日本がEPA戦略を本格化させてから約20年かけて初めて5割の大台に乗り、貿易立国を掲げる日本が最低限越えるべきレベルに届いた。

日米協定は対象を工業品や農産品といった物…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]