最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,300.09 +164.86
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,310 +210

[PR]

米国・欧州株概況

NYダウ、一時400ドル超安 米中合意先送りの懸念で

北米
2019/12/4 0:08
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】3日の米株式相場は大幅に下落して始まった。午前9時45分現在、ダウ工業株30種平均は前日比345ドル72セント安の2万7437ドル32セントで推移している。下げ幅は一時、400ドルを超えた。トランプ米大統領が3日に中国との貿易協議の合意を先送りする可能性を示唆し、投資家が運用リスクを取りにくくなるとの見方から売りが先行した。

NYダウは大幅続落(ニューヨーク証券取引所)=AP

トランプ大統領は北大西洋条約機構(NATO)高官との会談中に記者団に対し、米中貿易協議の合意について「(来年11月の)米大統領選後まで待つという考え方を気に入っている」「期限は設けていない」と語った。米中協議が長引けば世界景気の一段の減速につながると警戒された。建機のキャタピラーや化学のダウ、スマートフォンのアップル、半導体のインテルなど中国売上高比率が高い銘柄が売られている。

米通商代表部(USTR)は2日夕、フランスが米IT(情報技術)企業に対しデジタルサービス税を課すのは不当として、24億ドル分の仏製品に最大100%の制裁関税を検討すると発表した。トランプ氏は南米の一部諸国の鉄鋼などに追加関税を課す方針も示しており、世界的な貿易摩擦の広がりが米企業収益を圧迫すると懸念された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム