山間部を移動しながら詐欺電話 容疑の男2人逮捕

社会・くらし
2019/12/3 22:03
保存
共有
印刷
その他

山間部を車で移動しながら特殊詐欺の電話をかけ、高齢女性からお金をだまし取ろうとしたとして、大阪府警捜査2課は3日、兵庫県尼崎市南清水のアルバイト、田口翔大容疑者(26)と同市東園田町2の無職、佐々木慎吾容疑者(35)を詐欺未遂の疑いで逮捕した。

同課によると、2人は兵庫県と大阪、京都両府の計4市町の山間部を車で移動し、車内から詐欺目的の電話をかけた疑いがある。

2018年9月に起きた別の特殊詐欺事件の捜査の過程で2人の存在が浮上。府警は車をアジトにしているとみて、航空隊のへリコプターで山間部を転々とする車を追跡するなど捜査してきた。車は倒産した会社名義で車検も切れており、同課は職務質問を避けるため山間部で犯行に及んだとみている。

2人の逮捕容疑は19年9月、別の人物と共謀し、車内から大阪府大阪狭山市の70代女性に息子を装って電話をかけ、「友達が会社のお金に手をつけた」などと嘘を言い、現金100万円をだまし取ろうとした疑い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]