/

この記事は会員限定です

「医療的ケア児」地域で生活を 小児科医、岩本彰太郎氏

中部ひと

[有料会員限定]

鼻から胃に通したチューブで栄養を取る。たんの吸引や人工呼吸器が欠かせない。10年前に比べ、医療的ケアを必要とする子どもは全国で1万8000人に倍増した。新生児医療の進歩で超未熟児らの命を救えるようになったからだ。

「生まれた病院から自宅に移った子どもと家族の生活を、どう支援するか」。三重大学医学部付属病院(津市)の小児科医、岩本彰太郎さん(52)は地域密着の在宅医療に取り組む。

小児トータルケアセ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り826文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン