/

この記事は会員限定です

豚コレラ背景にイノシシ増

農研機構の平田滋樹上級研究員に聞く

[有料会員限定]

豚コレラ(CSF)の流行が収まらない。2018年9月に岐阜県で発生してから、11月末現在で1府8県の養豚場で感染が確認されている。ウイルス感染した野生イノシシによって流行地域が広がったとみられている。動物生態学が専門の農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の平田滋樹上級研究員に、野生イノシシを通じた豚コレラの対処方法を聞いた。

――野生イノシシが豚コレラの流行拡大の原因とみられています。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン