/

この記事は会員限定です

日本製品を海外サイト出店 政府、日米貿易協定で対策案

[有料会員限定]

政府は日米貿易協定の発効に向けた国内対策案をまとめた。海外の電子商取引(EC)サイトに日本の工業品に関する特設ページを設け、輸出を後押しする。中小企業の製品を商社などが買い取り、海外サイトに出店して販売することを想定する。米国や中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)各国で展開する見通しだ。

政府は5日にも環太平洋経済連携協定(TPP)などの締結を受けて策定した政策大綱の改訂を決定する。

農業関連の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン