/

この記事は会員限定です

事業承継型M&A 地域の「食」守る 西原商会・西原社長

戦略 トップに聞く

[有料会員限定]

業務用食品卸大手の西原商会(鹿児島市)が事業承継型のM&Aを積極的に進めている。これまで食品メーカーを中心に19件手掛け、今も多くの案件が寄せられているという。連結売上高1000億円超えが視界に入る中で、M&Aをどう位置付けているのか。西原一将社長に聞いた。

――どんな条件でM&Aの対象企業を選んでいますか。

「本業との相乗効果も大事だが、それ以上に営業体制などのリソースを使って改善したり、守った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン