/

宅配弁当のナッシュ、4.6億円調達 生産能力5倍に

低糖質・低塩分の宅配弁当を手掛けるナッシュ(大阪市)はニッセイ・キャピタルなど5社を引受先として約4億6000万円を調達した。兵庫県尼崎市に製造工場を設け、生産能力を約5倍に高める。メニューを開発するシェフの採用も増やし、新商品の投入頻度を週1回から毎日に引き上げる計画だ。2020年5月までに年間販売数400万食を目指す。

ナッシュは管理栄養士が監修、シェフが手作りした弁当を冷凍して自宅に届けるサービスを展開する。味や見た目の良さなどが支持され、18年5月の発売から1年で100万食を販売した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン