基幹労連、ベア3000円を要求へ 20年春季労使交渉

2019/12/4 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鉄鋼や造船などの労働組合で構成する基幹労連は2020年の春季労使交渉で「20年度3000円」「21年度3000円以上」の賃金改善を求める統一要求案を固めた。基幹労連は2年ごとに賃金改善を要求しており、18年の春季交渉では「18年度3500円」「19年度3500円以上」を要求した。

基幹労連の賃金改善要求は賃金カーブなどを一律に引き上げるベースアップ(ベア)や各種手当を含む。基幹労連には鉄鋼や非鉄…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]