交錯する「ピンクの潮流」 中南米の政治混迷
上級論説委員 飯野 克彦

飯野 克彦
中外時評
編集委員
2019/12/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NHKの大河ドラマ「いだてん」で、主人公・田畑政治のいわば敵役として存在感を発揮してきたのが、川島正次郎である。派閥は決して大きくなかったが、優れた政治的な嗅覚で政局を左右した、自民党の実力者だった。

その川島が残したことばのひとつに「政界、一寸先は闇」がある。政治の世界のよるべなさを端的に表した名文句といえよう。南米のボリビアで11月に起きた政変は、この箴言(しんげん)を思い起こさせるものだっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]