豊田合成、フロントグリル新開発 レクサスで採用

自動車・機械
中部
2019/12/3 19:36
保存
共有
印刷
その他

豊田合成は、明度差による色のコントラストで立体感を出した自動車のフロントグリルを開発した。スポーティーな外観が特徴で、10月にトヨタ自動車から発売されたレクサスのスポーツセダン「IS F―Sport」の特別仕様車に採用されている。豊田合成によると、フロントグリルの明度差は従来の同社の製品と比較すると40%向上したという。

豊田合成は立体感の出る塗装技術の採用で、スポーティな外観のラジエーターグリルを開発した

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]