日経商品指数17種

(1970年平均=100)
12月6日 145.404 -0.313

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

商品ニュース

東京の原油続落 米国の景況感悪化と円高で

2019/12/3 18:26
保存
共有
印刷
その他

東京商品取引所の原油先物価格が続落した。3日の清算値(期先)は1キロリットル3万8600円と前日比240円(0.6%)下がり、2週間ぶりの安値を付けた。米国の製造業景況感が市場予想に反して弱い内容となり、原油需要が伸び悩むとの懸念から売りが優勢となった。

外国為替市場で円高・ドル安が進み、円建てで取引される東京市場の割高感が強まった。米景気への警戒感から株価も下落し、リスク資産である原油の売り圧力が強まった。

米トランプ政権がブラジルとアルゼンチンの鉄鋼とアルミニウムに関税を課すと表明したことも「貿易摩擦の深刻化を意識させ、原油相場の重荷になった」(日産証券の菊川弘之主席アナリスト)。

一方、石油輸出国機構(OPEC)が5日の総会で、日量40万バレルの減産幅拡大を検討すると伝わり、ニューヨーク先物価格は日本時間3日午後の時間外取引で堅調に推移。東京市場でも午後にかけて下げ幅を縮めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム