「クリスマス電車」出発進行 岡山電気軌道

サービス・食品
中国・四国
2019/12/3 19:37
保存
共有
印刷
その他

岡山電気軌道(岡山市)は3日、冬の風物詩として定着した路面電車「クリスマス電車」の運行を始めた。1950年代製の最古参車両「KURO」を使用し、前後に直径60センチメートルのリースをあしらった。車内にはリニューアルを担当した工業デザイナーの水戸岡鋭治氏のイラストポスターに加えて、社員が手作業で装飾を施した。25日まで東山線を1日5往復する。

車内ではサンタクロースにふんした社員がお菓子の詰め合わせをプレゼントした(3日、岡山市)

クリスマス電車は1994年から運行し、今年で26回目を迎えた。3日は営業運転の前に出発式と貸し切り運行を行い、市内の保育園児19人が乗車。サンタクロースにふんした同社社員が、菓子の詰め合わせをプレゼントした。21日には小学生以下の子供100人を抽選で募集し、特別便を走らせる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]