鳥取の食ブランドへ育む 「三つ星」店主や雑誌と連携

サービス・食品
小売り・外食
中国・四国
2019/12/4 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鳥取県は富裕層向け雑誌との連携を通じた県産食材のブランド推進事業を強化している。食材の紹介に加え、今年は雑誌の橋渡しで飲食店の格付け本「ミシュランガイド東京」で最高評価「三つ星」常連の日本料理店「かんだ」(東京・港)と県内料理人とのメニューの共同開発も実現した。県は神田裕行店主との交流などを通じ、鳥取の料理人のレベルアップも狙う。

県は2017年度から富裕層向け会員雑誌「ナイルスナイル」との連携…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]