ネイバー、LINEの重荷軽減 国内深掘りへ金融参入

Yahoo・LINE統合
ネット・IT
朝鮮半島
アジアBiz
2019/12/3 19:00
保存
共有
印刷
その他

飲食店のQRコード(左)をスマホで読み取ればネイバーペイの決済が完了する=同社提供

飲食店のQRコード(左)をスマホで読み取ればネイバーペイの決済が完了する=同社提供

【ソウル=細川幸太郎】ソフトバンクグループのヤフーと自社傘下のLINEの統合を決めた韓国ネット最大手ネイバーが、証券や保険など金融分野で韓国国内市場を深掘りする。子会社のLINEは赤字続きで重荷になっていたため、ヤフーとの統合により財務負担を抑えて投資余力を高め、国内の成長分野での収益拡大を狙う。金融子会社を設立し、主力の検索と通販支援、コンテンツ配信に加えて金融分野でのネットサービスを拡充する。

「日韓のITの雄が手を組んだ」「米中IT巨人に挑む」。ヤフーとLINEの経営統合発表から一夜明けた11月19日、外交面で日韓関係が冷え込む中でも、韓国メディアは好意的に報じた。

ヤフーとLINEはZホールディングス(HD)傘下に入り、ネイバーはZHDの持ち株会社にソフトバンクと50%ずつ出資する。持ち株会社はソフトバンクの連結対象となり、ネイバーにとってLINEとヤフーが持ち分法適用会社になる。

韓国ではネイバーやカカオなど国内ネット会社が幅広い分野で高いシェアを保ち、グーグルなど世界を席巻する米大手の存在感が薄い。ネット勃興期の2000年代前半に他国に先駆けてブロードバンド(高速大容量)通信網を整えて普及率で世界一になり、国内企業が地盤を固めて海外勢をはね返したためだ。

その代表格で韓国事業に収益を依存するネイバーにとり73%を出資するLINEは世界とつなぐ戦略子会社だったが、前期に37億円の最終赤字を計上。18年に決済事業への投資を賄うためLINEが発行した転換社債を731億円分引き受けた。今回の統合はネイバーにとってLINEの重荷を軽減する効果がある。

LINEと統合するヤフーの前期純利益は786億円で、ネイバーの年間最終損益に単純計算で約400億円の増益効果をもたらす。韓国NH投資証券の安財民(アン・ジェミン)アナリストは「LINEの赤字を相殺し十分な利益を計上できる」とみる。

「当社だけが手掛けられる新たな金融サービスを広げていく」。ネイバーの韓聖淑(ハン・ソンスク)社長は次の戦略を説明する。韓国証券大手の未来アセット大宇と組み、11月1日付で金融子会社「ネイバーフィナンシャル」を設立し、20年に証券や保険、クレジットカード事業を始める。

決済サービス「ネイバーペイ」は利用者が1000万人を超えた。金融事業から得るビッグデータを元に多様なビジネスを手掛ける中国のアリババ集団や騰訊控股(テンセント)など世界のネット大手にならう戦略だ。

強みは韓国内の8割を握る検索サービスだ。利用者の属性や検索履歴に応じた広告表示が得意で、国際線航空券を検索した人に両替や旅行保険を提案するなど金融事業との相乗効果も大きい。

韓国では9割以上のシェアを持つメッセージアプリ「カカオトーク」が主力のカカオも金融へ触手を伸ばす。決済・送金の「カカオペイ」と銀行業を担う「カカオバンク」を設立し17年ごろから開発を進め、銀行や証券大手も出資する。カカオトークの利用者基盤を使い、個人間送金サービスから始め決済額は年4兆円に成長した。証券や保険へも進出する方針だ。

ネイバーは売上高の25%を研究開発費に投じIT開発力には定評がある。4000万人の検索利用者数の規模も武器にして銀行や証券、保険など既存業者との提携で陣営を作り対抗する。

ただ韓国の人口は5200万人にすぎない。まず金融で国内を固め、その先は提携したソフトバンクグループの国際ネットワークを生かす。世界的に人気のK-POPなど韓流コンテンツの販売にも力を入れる考えだ。

●LINE、震災機に日本で開発

ネイバーはソウル大でコンピューター工学を学んだ李海珍(イ・ヘジン)氏が1999年に設立し、検索技術とポータルサイト運営で韓国ネット最大手になった。

LINEの源流はネイバーが2000年に設立した日本法人だ。検索サービスを日本に持ち込もうとしたが、ヤフーや米グーグルに阻まれ05年には日本の検索市場から撤退し、主にオンラインゲームを運営していた。

転機は11年の東日本大震災だった。社員が家族や友人と連絡が取れなくなった経験が、簡素な対話ツールであるLINEの開発につながった。10年に買収したライブドア出身のプログラマー陣も基盤技術を支え、スマートフォン普及の波に乗ってLINEは一気に日本の国民的なメッセージアプリに成長した。

13年4月に社名もLINEに変更し、16年7月には日米同時に上場した。現在は日本と台湾、タイ、インドネシアなどで合計1億6400万人の利用者を獲得している。しかし親会社ネイバーのお膝元、韓国ではほとんど使われていない。

FT×日経のニューズレター「Tech Scroll Asia」日本語版創刊を記念し、海外豪華ゲストやFT・日経の記者がフィンテックなど2020年のテックの注目テーマについて語るイベントを開催します。詳細はこちら

英フィナンシャル・タイムズ(FT)と日経新聞の記者が、アジアのテクノロジー業界の「いま」を読み解くニュースレター「Tech Scroll Asia」の日本語版をお届けします。配信は原則、毎週金曜。登録はこちら。
https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?me=B009&n_cid=BREFT052
ヤフーを抱えるZホールディングスとLINEの経営統合に関する最新ニュースをまとめています。
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]