/

ガンダム搭載の衛星完成 東京五輪を宇宙から応援

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は3日、アニメ「機動戦士ガンダム」とコラボした超小型衛星「ジーサテライト」が完成したと発表し、レプリカを公開した。選手へのメッセージを発信するなど、宇宙から東京大会を応援する。

超小型衛星「ジーサテライト」の試作品(3日、東京都港区)

衛星は長さ約30センチ、縦横10センチで重さ約3キロ。高さ10センチほどの「ガンダム」と「シャア専用ザク」の模型2体や応援メッセージを表示できる電光掲示板、7台の小型カメラなどを載せる。

掲示板には、日英仏の3カ国語で約140種類のメッセージを表示できる。搭載したカメラで模型とメッセージを映し、画像を地球へ発信する。

完成した衛星は5日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)に引き渡し、20年3月に補給船に積み込んで国際宇宙ステーション(ISS)へ打ち上げる。宇宙空間へ放出後は1~2年で大気圏に突入し燃え尽きるという。

3日に都内で開かれた記者会見では、宇宙飛行士の山崎直子さんが「(衛星が)いよいよ宇宙に飛び立てる日が近づいてうれしい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン