小湊鉄道の復興支援 千葉県内ローカル鉄道3社がコラボ切符

サービス・食品
南関東・静岡
2019/12/3 17:30
保存
共有
印刷
その他

10月の豪雨で被災した小湊鉄道(千葉県市原市)の復旧復興を支援しようと、いすみ鉄道(大多喜町)、銚子電気鉄道(銚子市)の県内ローカル鉄道3社が合同で記念切符を発売する。3社がコラボ企画を行うのは初めてで、いすみ鉄道の担当者は「今回のコラボ企画をきっかけに、県内外のローカル鉄道と新たな企画をしかけていきたい」と話す。

千葉県内ローカル鉄道3社の記念切符をセットにする

3社の乗車券や入場券をセットにする。小湊鉄道は無人駅の飯給―上総中野駅間の乗車券、いすみ鉄道は「秘境駅」として有名な久我原駅の入場券、銚子電鉄は県内が「上り調子」になるようにとの願いを込めて本銚子駅の入場券と、「希少価値も高く、購入した人が楽しめる切符をそろえた」(いすみ鉄道)。

8日にいすみ鉄道の国吉駅などで開かれるチャリティーイベントで販売を始め、9日以降はいすみ鉄道の大原駅と大多喜駅、銚子電鉄の仲ノ町駅で販売する。販売価格は3枚セットで1000円。

コラボ切符は9月の台風15号の後、千葉県を元気づけようと3社で企画したが、10月の豪雨で小湊鉄道が土砂崩れや路盤流出など甚大な被害を受けた。現在も里見―上総中野駅間で運転見合わせが続くなど影響が長期化しているため、売り上げの一部を同社に寄付すると決めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]