/

この記事は会員限定です

電力・水道が設備保守を自動化、東電がAIで損傷判別

[有料会員限定]

想定を超える自然災害や人手不足を受け、電力・ガス・水道各社が設備の保守や点検作業のデジタル化を急いでいる。東京電力ホールディングス(HD)は人工知能(AI)で送電線の損傷を自動で判別するシステムを導入。水処理大手のメタウォーターはAIで下水処理の設備を管理する実験を2020年1月から始める。保守・点検の重要性が増す中、人件費などを抑える。ただ点検だけではインフラ維持は難しく、どう効率的に設備を更...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン