時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,609,502億円
  • 東証2部 78,725億円
  • ジャスダック 102,004億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.26倍 --
株価収益率15.35倍16.23倍
株式益回り6.51%6.15%
配当利回り1.87% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,041.26 +108.13
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

1月17日(金)14:20

SBIと筑邦銀が資本業務提携 「地銀連合構想」第3弾[映像あり]

中国 19年は6.1%成長に減速 29年ぶり低水準

1月17日(金)13:00

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

問われる「低在老」見直し 特定世代だけ超優遇
編集委員 前田昌孝

2019/12/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「高齢者への公的年金が働いても減額されなくなるので、個人消費が盛り上がるだろう」。こんな予想が数カ月前に市場でささやかれていた。しかし、65歳以上に適用する在職老齢年金制度「高在老」は現状維持となり、残る焦点は60~64歳に適用する「低在老」の見直しだけとなった。といっても問題含みだ。年金支給開始年齢を65歳に引き上げる途上で「低在老」の基準を緩和すれば、特定世代だけが超優遇される。公平性が問わ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

マーケット反射鏡 一覧

フォローする

読まれたコラム