現金要求、小学校で集会 「先生に相談を」、名古屋

中部
社会・くらし
2019/12/3 16:42
保存
共有
印刷
その他

名古屋市立小学校に通う5年の男児が同級生から多額の現金を要求されていた問題を受け、小学校は3日、学年集会を開いた。参加した5年の児童約160人に、校長が「嫌なことがあったら先生に相談して」と呼び掛けた。

学校は近日中に保護者説明会を開き、詳しい経緯を説明するとしている。

市教委は2日、一連の問題を、いじめ防止対策推進法で規定する「重大事態」に認定。11日に教育の専門家や医師らで構成する市の「いじめ対策検討会議」に報告し、同会議の意見を踏まえ、調査を進める。

市教委によると、男児は8~10月、同級生6人から「お金を持って来ないとのけ者にする」などと言われ、自宅にあった貯金箱から十数回にわたり計10万~20万円を持ち出した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]