島根県出雲市、外国人が職求め市外へ 世界経済減速で

エレクトロニクス
中国・四国
2019/12/4 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ブラジル人など外国人との共生をうたう島根県出雲市が、曲がり角を迎えた。市内の大手メーカーの雇用拡大に伴って、外国人住民は4年間で2倍の5千人近くに達したが、世界経済減速に伴う生産調整の動きを受け、今年4月末をピークに減少に転じたからだ。人口減対策として外国人の定着を掲げる市は先行きを注視する。

市役所から徒歩数分、アパートの一室にあるNPO法人「ブラジル・サポートセンター」。子連れの日系ブラジル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]